大坂なおみが3回戦敗退で涙「聖火最終ランナーを務めない方がよかった」の指摘

東京五輪

2021/07/27 17:04

 東京五輪のテニス女子シングルス3回戦が行われ、金メダル候補として期待された世界ランキング2位の大坂なおみ(23)が、世界ランキング42位のM・ボンドロウソワ(チェコ)に0―2でストレート負けを喫する波乱が起きた。

あわせて読みたい

  • 全米敗退の大坂なおみが休養宣言「五輪出場しない方が良かった」の指摘

    全米敗退の大坂なおみが休養宣言「五輪出場しない方が良かった」の指摘

    dot.

    9/6

    大坂なおみが初の東京五輪切符も、「休んだ方がいい」の声が続出の理由

    大坂なおみが初の東京五輪切符も、「休んだ方がいい」の声が続出の理由

    dot.

    6/15

  • 大坂と瀬戸は“アンチ”増やし、桃田には声援 「まさかの敗退選手」試合後に明暗

    大坂と瀬戸は“アンチ”増やし、桃田には声援 「まさかの敗退選手」試合後に明暗

    dot.

    8/7

    大坂なおみが東京五輪に登場 「メダルを獲ったら記者会見は開いてほしい」と要望も

    大坂なおみが東京五輪に登場 「メダルを獲ったら記者会見は開いてほしい」と要望も

    dot.

    7/25

  • 大坂なおみ「日本では完全にヒール」だが…米国で早期復帰を望む声が多い理由

    大坂なおみ「日本では完全にヒール」だが…米国で早期復帰を望む声が多い理由

    dot.

    9/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す