阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか

西尾典文dot.
阪神・矢野燿大監督(左)と中日・与田剛監督(右) (c)朝日新聞社

阪神・矢野燿大監督(左)と中日・与田剛監督(右) (c)朝日新聞社

 1年1年が勝負となるプロ野球の世界だが、特に今年が勝負の年となっている監督がいる。それがともに3年契約の3年目を迎える矢野燿大(阪神)と与田剛(中日)の両監督だ。これまでの2人の指揮官の戦いぶりを振り返りながら、来年以降の続投の可能性を探ってみたいと思う。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら(他7枚)

 まず着実に結果が出ているように見えるのが矢野監督だ。2016年から2年間は一軍のバッテリーコーチ、2018年は二軍監督を務めた後に内部昇格という形で一軍の監督に就任。1年目の2019年は前年最下位に沈んだチームを3位に浮上させ、クライマックスシリーズでもDeNAを破りファイナルステージ進出を果たした。2年目の2020年も巨人に独走を許したものの、最終的には前年を上回る2位でシーズンを終了。そして今年は開幕から順調に勝ち星を重ね、2005年以来となるリーグ優勝に向けて首位を快走している。

 矢野監督の手腕で光るのがこれまでのチームの強みを生かしながら、上手く戦力の入れ替えを行っているという点だ。最下位に沈んだ2018年もチーム防御率(4.03)はリーグ2位と投手陣は安定しており、その後も常にリーグ上位を争う投手力を誇るがその顔ぶれを見るとこの3年間で大きく入れ替わっているのがよく分かる。2018年の先発はメッセンジャー(11勝)、岩貞祐太(7勝)、小野泰己(7勝)が勝ち頭で、リリーフではドリス(32セーブ)、藤川球児(21ホールド)、能見篤史(16ホールド)、岩崎優(10ホールド)が中心となっている。

 それが今年の投手陣を見ると先発は西勇輝、青柳晃洋、秋山拓巳、ガンケル、伊藤将司がローテーションの中心となり、勝ちパターンのリリーフはスアレス、岩崎、岩貞、馬場皐輔などが務めている。これだけ選手を入れ替えながら成績を伸ばしているというのは見事という他ない。FAで西が加入し、外国人選手の“当たり”が多いというのは幸運だったかもしれないが、その戦力をしっかり生かしているのは矢野監督の手腕によるところが大きいと言えそうだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい