阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか

2021/07/01 18:00

 1年1年が勝負となるプロ野球の世界だが、特に今年が勝負の年となっている監督がいる。それがともに3年契約の3年目を迎える矢野燿大(阪神)と与田剛(中日)の両監督だ。これまでの2人の指揮官の戦いぶりを振り返りながら、来年以降の続投の可能性を探ってみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 3年目に花は咲くのか…中日与田、阪神矢野両監督につきまとう“不安感”

    3年目に花は咲くのか…中日与田、阪神矢野両監督につきまとう“不安感”

    dot.

    11/2

    広島の対抗馬は大型補強の「巨人」ではなく、投手王国の「阪神」?

    広島の対抗馬は大型補強の「巨人」ではなく、投手王国の「阪神」?

    dot.

    12/27

  • 最下位なんて誰が言った? 与田中日が下馬評くつがえし“貯金生活”できる要因

    最下位なんて誰が言った? 与田中日が下馬評くつがえし“貯金生活”できる要因

    dot.

    4/24

    名将か愚将か…セ・リーグの監督を査定してみた【2020年版】

    名将か愚将か…セ・リーグの監督を査定してみた【2020年版】

    dot.

    12/8

  • 名将か愚将か…セ・リーグの監督を査定してみた【2021年版】

    名将か愚将か…セ・リーグの監督を査定してみた【2021年版】

    dot.

    12/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す