深夜まで飲んで仕事にも影響…酒依存に悩む記者が「減酒外来」受診でわかった意外な事実

2021/06/25 11:00

 このままお酒を飲み続けていいのだろうか……。お酒が大好きな一方で、内心そんな不安を抱いている人も少なくないはずだ。筆者もまさにその一人である。独力で「断酒」できる自信はないし、かといって病院に行くのも何か嫌だと、だらだらと流されてきた。ただ、聞けば最近は「減酒外来」というカテゴリーができて、いい薬も登場したとか。「恥ずかしい」「かっこ悪い」。ひと通りの言い訳を酒で流し込んで、いざ減酒外来の敷居をまたいでみた。

あわせて読みたい

  • 【後編】「減酒外来」で処方された減酒薬 依存症との診断も「断酒は無理」の記者に効くのか?

    【後編】「減酒外来」で処方された減酒薬 依存症との診断も「断酒は無理」の記者に効くのか?

    dot.

    6/25

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    週刊朝日

    11/30

  • お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    dot.

    4/26

    エリートでも陥りやすい「アルコール依存」の現実 家庭崩壊の寸前で“減酒”治療にたどり着いた大手金融社員の告白

    エリートでも陥りやすい「アルコール依存」の現実 家庭崩壊の寸前で“減酒”治療にたどり着いた大手金融社員の告白

    dot.

    8/1

  • アルコール依存症 意志が“強い”人ほどなりやすい?

    アルコール依存症 意志が“強い”人ほどなりやすい?

    週刊朝日

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す