池上彰と的場昭弘が語る なぜいまこそ「社会主義」なのか?

朝日新聞出版の本

2021/06/11 17:00

 資本主義社会の限界がささやかれる昨今、その未来を探る手掛かりとして「社会主義」が注目を集めています。なぜ今、「社会主義」なのでしょうか? 『いまこそ「社会主義」』(朝日新聞出版)の共著者である池上彰さんと的場昭弘さんに聞きました。(※本記事は、朝日カルチャーセンター主催で2021年5月に行われたオンライン講座「いまこそ『社会主義』」の内容の一部を加筆・編集したものです)

あわせて読みたい

  • 「一億総生活保護」化!?ベーシックインカム導入で危惧される未来とは

    「一億総生活保護」化!?ベーシックインカム導入で危惧される未来とは

    dot.

    2/28

    池上彰×山口二郎、岸田内閣は事実上の「第3次安倍内閣」 自民党に危機感なし

    池上彰×山口二郎、岸田内閣は事実上の「第3次安倍内閣」 自民党に危機感なし

    AERA

    10/12

  • 姜尚中「縁故資本主義の日本は中国の国家資本主義を嗤えない」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「縁故資本主義の日本は中国の国家資本主義を嗤えない」

    AERA

    6/17

    姜尚中「ベルリンの壁崩壊から30年、米中対立は似た者同士のねじれが生じている」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「ベルリンの壁崩壊から30年、米中対立は似た者同士のねじれが生じている」

    AERA

    11/20

  • スーパー台風に今の政治が無力である理由 気鋭の学者が語る「弱者への被害の移転」

    スーパー台風に今の政治が無力である理由 気鋭の学者が語る「弱者への被害の移転」

    dot.

    10/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す