迷子?と思っても「声がかけられない」 善意の声かけが難しくなった弊害

2021/06/12 10:00

 最近、街で迷子らしい子どもを見かけても声をかけることを躊躇する大人が増えている。その背景として、不審者や誘拐犯と誤認され、警察から取り調べを受ける恐れを口にするケースもある。実際、警察はどう対応しているのか、警視庁に聞いた。

あわせて読みたい

  • 川崎殺傷事件で急増「不審者情報メール」 大阪が断トツ多い理由とは?

    川崎殺傷事件で急増「不審者情報メール」 大阪が断トツ多い理由とは?

    AERA

    6/29

    事案発生4日後に届いても… 不審者情報メールの問題点と「正しく怖がる」知恵

    事案発生4日後に届いても… 不審者情報メールの問題点と「正しく怖がる」知恵

    AERA

    6/29

  • 犯罪は予測できる

    犯罪は予測できる

    11/6

    アサヒカメラを名乗る「偽カメラマン」は逮捕! アンケート事例を検証、スナップ撮影「トラブル」解決術

    アサヒカメラを名乗る「偽カメラマン」は逮捕! アンケート事例を検証、スナップ撮影「トラブル」解決術

    dot.

    11/21

  • 子どもの危険を避けるには「不審者」より「場所」

    子どもの危険を避けるには「不審者」より「場所」

    AERA

    4/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す