「蛇鬼」を憎んでいた伊黒小芭内は、なぜ「蛇柱」を名乗ったのか

伊黒小芭内

2021/03/14 11:32


『鬼滅の刃』には、主人公・竈門炭治郎らとともに戦う、鬼殺隊の主力隊士「柱」たちが登場する。「柱」のうち、伊黒小芭内は、異色の「蛇の呼吸」の使い手だ。最強剣士である「柱」たちもまた、生い立ちや過去に深い傷を持つ人物が多い。伊黒も、幼少期に「蛇型の鬼」にとらわれていた過去があった。にもかかわらず、なぜ伊黒は「蛇柱」になることを選んだのか。【※ネタバレ注意※】以下の内容には、アニメ放映前の、既刊コミックスのネタバレが含まれます。

あわせて読みたい

  • 【写真】『鬼滅の刃』で大ブレイクした人は文句なしでこの人!

    【写真】『鬼滅の刃』で大ブレイクした人は文句なしでこの人!

    Billboard JAPAN

    12/23

    『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

    『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

    dot.

    1/23

  • 音柱・宇髄天元が「遊廓」で戦うことが必然だった理由

    音柱・宇髄天元が「遊廓」で戦うことが必然だった理由

    dot.

    2/27

    『鬼滅の刃』の鬼「童磨」が“同情できない鬼”なのに人気なワケ

    『鬼滅の刃』の鬼「童磨」が“同情できない鬼”なのに人気なワケ

    dot.

    1/3

  • 気持ち悪いと嫌われる「上弦の鬼」・玉壺――それでもファンが認める「重要な役割」とは

    気持ち悪いと嫌われる「上弦の鬼」・玉壺――それでもファンが認める「重要な役割」とは

    dot.

    2/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す