「何だこの怪物は…」Jデビュー戦でファンに“衝撃”を与えた10代の選手たち

2021/01/28 17:00

 現在の日本サッカー界の“期待の星”と言えば、2001年6月4日生の19歳、現日本代表のMF久保建英(ヘタフェ)である。彼のキャリアについてはすでに広く知られているが、改めてJリーグでの足跡に着目すると、J3の舞台で最年少出場(15歳10カ月1日)と最年少得点(15歳10カ月11日)の記録を樹立し、2017年11月26日には16歳5カ月でJ1デビュー。その後、横浜F・マリノスへの期限付移籍を経てFC東京に復帰した2019年シーズンの開幕(2月22日)から、契約満了となる18歳の誕生日までの3カ月余りの間、創造性あふれるプレーで次々とゴールシーンを演出。その左足で、ファンに驚きと希望、大いなる夢を抱かせた。

あわせて読みたい

  • 中学生時代に“衝撃デビュー”も! Jリーグ各チーム「ユースの最高傑作」を選んだ

    中学生時代に“衝撃デビュー”も! Jリーグ各チーム「ユースの最高傑作」を選んだ

    dot.

    5/4

    “育成上手”のG大阪、広島は誰? Jリーグ各チーム「ユースの最高傑作」を選んだ

    “育成上手”のG大阪、広島は誰? Jリーグ各チーム「ユースの最高傑作」を選んだ

    dot.

    5/5

  • 若くして日本代表デビューも…その後苦しんだ、かつての“次世代スター候補”たち

    若くして日本代表デビューも…その後苦しんだ、かつての“次世代スター候補”たち

    dot.

    5/17

    日本代表でも主力となったのは? Jリーグ各チーム「ユースの最高傑作」を選んだ

    日本代表でも主力となったのは? Jリーグ各チーム「ユースの最高傑作」を選んだ

    dot.

    5/3

  • まさかの4位 久保建英と中井卓大の“共演”はあるか 次の「パリ五輪」こそ史上最強メンバー?

    まさかの4位 久保建英と中井卓大の“共演”はあるか 次の「パリ五輪」こそ史上最強メンバー?

    dot.

    8/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す