お正月に要注意 お餅の窒息死「なぜ起きる」を知ってしっかり予防を!

ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)

ヘルス

2020/12/30 07:00

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師
山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師
写真はイメージ(GettyImages)
写真はイメージ(GettyImages)

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「お正月に多発するお餅の窒息事故」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

【ひと目でわかる】冬は浴室での事故死も増える!グラフはこちら

*  *  *
 新型コロナウイルス感染症の終息の兆しが見えないまま、2020年が終わろうとしています。

 政府はこれまで、Go Toトラベルにまつわる事業が感染拡大の要因になっている証拠はないとし、事業を継続する方針としていました。しかしながら、新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、一転してGo Toトラベルの運用を見直すことを表明し、12月28日にはGo Toトラベルが全国で一斉に停止しました。

 帰省を含めた移動は自粛するよう呼びかけられてはいるものの、年末年始の帰省による人の移動によって、さらに感染が拡大することも懸念されています。とはいえ、年末年始は帰省をせずに、新年を迎えるという方も多いのではないでしょうか。

 さて、今回はお正月に注意したい窒息事故についてお話したいと思います。

 お正月に欠かせない「お餅」。お正月にいただくつきたての餅は、格段に美味しいですよね。そんなお餅ですが、よく噛まないうちに飲み込んで、喉に詰まりそうになったことはありませんか? 私も、餅をしっかりかんでいないまま飲み込んだときに、喉をつまらせそうになったことが何度かあります。

 実は、消費者庁が人口動態調査から行った分析から、高齢者における「餅」による窒息死亡が1月に集中して発生しており、元旦を中心とした三が日に死亡している件数が特に多いことがわかっています。

 餅だけに限りません。年間の「気道閉塞を生じた食物の誤えん」による死亡者数は、65歳以上が全体の9割ほどを占めているのです。人口動態調査における、不慮の事故の「その他の不慮の窒息」のうち「気道閉塞を生じた食物の誤えん」による死亡者数によると、もっとも多いのは80歳以上です。ついで65歳から79歳、45歳から64歳と続きます。

1 2

あわせて読みたい

  • 餅だけじゃない! 窒息死は交通事故死の2倍…嚥下機能低下の6つの症状

    餅だけじゃない! 窒息死は交通事故死の2倍…嚥下機能低下の6つの症状

    週刊朝日

    10/24

    「餅食って死ねたら本望」と言う老親を、子は止めるべき? 医師が勧める対策

    「餅食って死ねたら本望」と言う老親を、子は止めるべき? 医師が勧める対策

    dot.

    1/1

  • 餅を詰まらせて窒息死の高齢者はピンピンコロリなのか? 看取りの医師に聞いた

    餅を詰まらせて窒息死の高齢者はピンピンコロリなのか? 看取りの医師に聞いた

    dot.

    1/1

    年末年始の救急搬送は普段の10倍以上!?「なぜ、もちやお酒の死亡事故は無くならないのか」

    年末年始の救急搬送は普段の10倍以上!?「なぜ、もちやお酒の死亡事故は無くならないのか」

    dot.

    1/1

  • 100年生きるには「口の筋力」が不可欠な理由

    100年生きるには「口の筋力」が不可欠な理由

    AERA

    4/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す