ビジネス化する不妊治療の「やめどき」はいつ? 医学的な判断基準とは?

ヘルス

2020/10/23 17:00

 不妊治療をめぐって、菅内閣は、保険適用拡大までの支援策として、今の助成金制度を来年4月から拡充する方向だ。高額な費用を払っても必ず妊娠できるとは限らない不妊治療は、「出口の見えないトンネル」ともいわれる。国の支援策が患者から歓迎される一方で、営利を優先する治療施設の実態を訴える声も聞こえてくる。

あわせて読みたい

  • 過去最低!? 体外受精で赤ちゃんが産まれる「確率」は6%未満 日本の不妊治療の憂うべき現実

    過去最低!? 体外受精で赤ちゃんが産まれる「確率」は6%未満 日本の不妊治療の憂うべき現実

    dot.

    10/16

    不妊治療のやめどきは? 納得できたら夫婦に絆が生まれる

    不妊治療のやめどきは? 納得できたら夫婦に絆が生まれる

    AERA

    8/1

  • 不妊治療に640万円かけた月間400万PVの妊活ブロガー・ポチ子さんが公的支援拡充に思うこと

    不妊治療に640万円かけた月間400万PVの妊活ブロガー・ポチ子さんが公的支援拡充に思うこと

    dot.

    12/19

    不妊治療への保険適用 得するのは高所得層だけ…「治療の質低下」を招く可能性も

    不妊治療への保険適用 得するのは高所得層だけ…「治療の質低下」を招く可能性も

    AERA

    9/30

  • 「二人目不妊」は全不妊の3割 体外受精だけではない治療法とは

    「二人目不妊」は全不妊の3割 体外受精だけではない治療法とは

    週刊朝日

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す