日本人選手はあ然? 助っ人同士が繰り広げた「大喧嘩」列伝

2020/10/10 16:00

 乱闘で一度に3人の助っ人が退場になる珍事が起きたのが、2004年7月19日のロッテvs近鉄(大阪ドーム)だ。

あわせて読みたい

  • 捕手が次々に病院送り…魔のスイングで犠牲者続出【プロ野球B級ニュース事件簿】

    捕手が次々に病院送り…魔のスイングで犠牲者続出【プロ野球B級ニュース事件簿】

    dot.

    1/31

    調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    調整の場なのに乱闘に退場…「オープン戦で論外」と審判も呆れた春の珍事

    dot.

    3/6

  • グラウンドで起こった恐怖の“暴力事件”  刑事事件に発展する事例も…

    グラウンドで起こった恐怖の“暴力事件”  刑事事件に発展する事例も…

    dot.

    6/1

    阪神マートンvsヤクルト捕手の“仁義なき戦い” 今はなき本塁上での激闘の記憶

    阪神マートンvsヤクルト捕手の“仁義なき戦い” 今はなき本塁上での激闘の記憶

    dot.

    5/23

  • 常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    常に一触即発! 昔の巨人vsヤクルト戦の“バチバチ感”が凄い

    dot.

    7/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す