「ゆがんで見える」「中心が黒い」は要注意 失明リスクもある強度近視の合併症

ヘルス

2020/08/25 17:00

 近年、世界中で増加していて、今後も増えることが予想されている近視。さらに近視の程度が強い「強度近視」も増加している。強度近視の人は、40歳ごろからさまざまな合併症を生じやすく、失明の危険性もあるため注意が必要だ。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、強度近視の合併症と治療について、専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • 合併症で“失明”することも 近眼の加齢によるリスクとは?

    合併症で“失明”することも 近眼の加齢によるリスクとは?

    週刊朝日

    7/4

    初期症状を見逃しやすい? 網膜が傷ついた3つのサイン

    初期症状を見逃しやすい? 網膜が傷ついた3つのサイン

    週刊朝日

    3/31

  • 失明の危険を防ぐ「強度近視」簡単チェック法

    失明の危険を防ぐ「強度近視」簡単チェック法

    週刊朝日

    3/31

    【眼の手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【眼の手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    5/14

  • 放置はNG! 「眼の病気」を治すと健康寿命が延びる!?

    放置はNG! 「眼の病気」を治すと健康寿命が延びる!?

    週刊朝日

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す