目に見えない“貢献”も! 「主力じゃないけど不可欠な選手」ベストナイン【セ・リーグ編】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

目に見えない“貢献”も! 「主力じゃないけど不可欠な選手」ベストナイン【セ・リーグ編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
阪神の原口文仁 (c)朝日新聞社

阪神の原口文仁 (c)朝日新聞社

 多くのスター選手が毎年のように誕生するプロ野球界。しかし中には完全な主力、レギュラーではないが、チームに欠かせない選手も存在している。そこで今回はそんなベンチにいると助かる選手をベストナイン形式で選んでみた。前回のパ・リーグ編に続いてセ・リーグ編をお届けする。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 選出基準は下記3点とした。

・プロ在籍10年以上(2020年シーズン含む)
・投手は規定投球回、野手は規定打席の到達経験なし
・ベストナイン、ゴールデングラブ賞含むタイトル獲得経験なし

■セ・リーグ
・投手:谷元圭介(中日)
415試合 26勝21敗6セーブ121ホールド 防御率3.65

・捕手:原口文仁(阪神)
305試合 196安打20本塁打101打点1盗塁 打率.279

・一塁: 荒木貴裕(ヤクルト)
474試合 215安打17本塁打104打点14盗塁 打率.238

・二塁:立岡宗一郎(巨人)
320試合 218安打2本塁打46打点37盗塁 打率.252

・三塁:中井大介(DeNA)
424試合 201安打14本塁打61打点10盗塁 打率.245

・遊撃:小窪哲也(広島)
702試合 384安打18本塁打153打点7盗塁 打率.259

・外野:藤井淳志(中日)
1093試合 634安打45本塁打273打点46盗塁 打率.262

・外野:上田剛史(ヤクルト)
744試合 338安打9本塁打107打点70盗塁 打率.240

・外野:俊介(阪神)
840試合 309安打9本塁打86打点28盗塁 打率.250

 長く中継ぎとしてプレーしてきた選手では今村猛(広島・21勝36セーブ114ホールド)も基準に該当したが、わずかにホールドポイント数で上回る谷元を選んだ。167cmと小柄だったこともあって入団テストを受けて、その後ドラフト7位で日本ハム入りし、3年目からは一軍に定着。一時は先発を任されたこともあったが、2014年からは中継ぎの柱として活躍した。2017年途中に中日に移籍してからは成績を落としたが、昨年は38試合に登板して13ホールドと少し持ち直している。今年も中継ぎの一角として期待される。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい