早期承認を求めてはいけない新型コロナ治療薬 医師が経験した心苦しい教訓とは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2020/05/15 07:00

 新型コロナウイルス感染症の治療薬として注目される「レムデシビル」と「アビガン」。新薬が患者さんに使えるようになるには、臨床試験をおこない、承認を受けなければなりません。京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、自身が経験した新薬の臨床試験から、新型コロナウイルス感染症治療薬について解説します。

あわせて読みたい

  • 「コロナ治療薬」はどうなっている? 有望視される4つの候補とは

    「コロナ治療薬」はどうなっている? 有望視される4つの候補とは

    週刊朝日

    5/4

    がん薬物療法「いい病院」の指標は? 医師が教える“確認すべきこと”

    がん薬物療法「いい病院」の指標は? 医師が教える“確認すべきこと”

    週刊朝日

    3/2

  • 日本発「エボラに効く薬」は、日陰者扱いされた薬だった?

    日本発「エボラに効く薬」は、日陰者扱いされた薬だった?

    dot.

    10/23

    【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…?

    【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…?

    週刊朝日

    4/1

  • コロナ治療薬にアトピー性皮膚炎の薬が承認のなぜ? サイトカインストームを抑える効果
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    コロナ治療薬にアトピー性皮膚炎の薬が承認のなぜ? サイトカインストームを抑える効果

    dot.

    5/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す