プロでの共演に期待! 大学・社会人に進んだ「根尾世代」で頭角現す選手たち (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロでの共演に期待! 大学・社会人に進んだ「根尾世代」で頭角現す選手たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
現在は立教大学で活躍する山田健太 (c)朝日新聞社

現在は立教大学で活躍する山田健太 (c)朝日新聞社

 大阪桐蔭の春夏連覇、金足農業フィーバーに沸いた100回記念大会の夏の甲子園からもうすぐ2年が経とうとしている。大阪桐蔭からは根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、横川凱(巨人)、柿木蓮(日本ハム)の4人がプロ入りし、金足農業フィーバーの主役だった吉田輝星もドラフト1位で日本ハムに入団。プロ入り一年目の成績では小園海斗(広島)が一歩リードしているという状況だ。彼らの出世レースはまだ始まったばかりだが、高校から直接プロ入りせずに大学、社会人で力をつけている同年代も少なくない。今回は一昨年春、夏の甲子園を沸かせた選手達の現在地について紹介したいと思う。

【写真特集】あの伝説のマネージャーも登場! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

 最強とも言われた大阪桐蔭でキャプテンを務めた中川卓也(早稲田大)は大学1年目からファーストのレギュラーに定着。しかし春は13試合の出場でわずか6安打に終わり、秋は多少成績が上向いたものの打率.208と大学野球の壁に苦しんでいる。この春のオープン戦からは高校時代に守ることが多かったサードでの出場が増え、打撃面でも昨年は見られなかったような積極性が出てきただけに2年目の飛躍に期待したい。

 中川が苦しんでいる間に同じ東京六大学で一気に頭角を現してきたのが、大阪桐蔭の同僚だった山田健太(立教大)だ。春の開幕当初はベンチスタートだったが、代打で結果を残してすぐにスタメンに定着すると、いきなりリーグ4位となる打率.375をマーク。秋には4番を任され、厳しいマークを受けながらも春を上回る15安打を放ち、ベストナインに輝いた。リーグ戦終了後には1年生ながら大学日本大経候補にも選出されている。

 右の大型打者でありながら、スイングに柔らかさがあり、広角に強く打てるのが持ち味。春のシーズンには2本のホームランも放っており、木製バットでもしっかり飛距離が出る打ち方ができている。昨年はファーストを任せられていたが、守備のハンドリングも巧みなだけに、将来を考えて今年はサードやセカンドでのプレーを期待したい。大阪桐蔭でリードオフマンとして活躍した宮崎仁斗(立教大)も山田とともにレギュラーに定着し、打率は低いものの春秋のリーグ戦で合計17安打を放っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい