「新型コロナの中、予定どおり通院すべき?」 アトピー、皮膚がん患者の質問に医師の答えは

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2020/05/01 07:00

 新型コロナウイルスの感染が広まるなか、もともと持病があって通院していた患者が「予定どおり、通院していいのだろうか?」と、疑問を感じているようです。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、皮膚疾患の通院の目安を解説します。

あわせて読みたい

  • 現役医師が訴える「新型コロナウイルスを正しく恐れよう」
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    現役医師が訴える「新型コロナウイルスを正しく恐れよう」

    dot.

    2/28

    オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    オンライン診療恒久化へ 医師は画面だけでどこまで診断できる?

    dot.

    10/30

  • 足の指先に赤いブツブツが出る「コロナのつま先」とは? 最新論文が示すコロナ皮膚症状と脱毛症
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    足の指先に赤いブツブツが出る「コロナのつま先」とは? 最新論文が示すコロナ皮膚症状と脱毛症

    dot.

    12/11

    がん患者が悩む「感染リスク」と「治療を中断するリスク」 専門たちのアドバイスは

    がん患者が悩む「感染リスク」と「治療を中断するリスク」 専門たちのアドバイスは

    AERA

    5/15

  • この冬は手洗いしすぎで「手荒れ」に悩む人が増加! 自分でできる対策を皮膚科医が指南
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    この冬は手洗いしすぎで「手荒れ」に悩む人が増加! 自分でできる対策を皮膚科医が指南

    dot.

    1/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す