大事故で夫は全治6カ月、妹は足に障害が…そんな時ほど、決して口にしてはいけない言葉とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大事故で夫は全治6カ月、妹は足に障害が…そんな時ほど、決して口にしてはいけない言葉とは?

連載「人生は「手」で変わる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子)

小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子)

※写真はイメージです(Gettyimages)

※写真はイメージです(Gettyimages)

 人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、自分の中に生まれた負の感情の手放すヒントをお伝えします。

*  *  *
 東京オリンピックが開催された翌年。昭和40(1965)年3月3日のことです。夫が運転し、私、娘、実母、妹が乗っている車は突然横から大きな衝撃を受けました。交差点で、18歳の青年が運転するトラックが運転操作を誤り、私たちの乗用車に追突してきたのです。

 ドーンという激しい衝撃。悲鳴。そして車内で聞こえてきたのは夫と妹のうめき声です。運転席と、その後ろの座席はトラックが追突してきた衝撃でつぶれていました。助手席に乗っていた私、娘、そしてその後ろの座席にいた実母は軽傷。私はとっさに車外に出て大声で叫びました。

「誰か! お願いです、誰か助けてください!」

 見れば、私たちの乗用車はほぼ半分につぶされている。車を運転していた青年は呆然としてその場に立ち尽くしています。周囲の人たちが、つぶれた車の中から夫と妹を助け出してくれ、私と実母は手分けをして、2人をタクシーで病院に運びました。

 私はその頃すでに、教育部門からマーケティング部門に異動することが決まっていました。しかし異動する前の最後の仕事として、香港に1カ月出張することになっていたのです。会社は香港を開拓していこうとしていました。そこで私が現地スタッフの教育やメイクアップのデモンストレーションなどを行うことになっていたのです。

 私たちはその頃住んでいた埼玉県の家から羽田空港に向かっていました。まだ1歳にもならない娘は、私の留守中は実母が預かってくれることになりました。実母と妹も車に同乗し、羽田でバトンタッチ。そんな段取りになっていたのです。

 1歳にもならない娘を置いて海外出張に出かける私を、夫は家を出る直前までなじり続けていました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい