巨人が山田哲人を獲得したら…日本球界が史上最も“シラケる”のは必至か

2020/01/09 16:00

 日本プロ野球の今オフの動向の中で一つの大きなニュースとなったのが、「巨人のFA補強失敗」である。1993年オフの落合博満に始まった巨人のFA補強によって、これまで計26人の選手が入団。13年オフからは6年連続で計11人(片岡治大、大竹寛、金城龍彦、相川亮二、脇谷亮太、山口俊、陽岱鋼、森福允彦、野上亮磨、炭谷銀仁朗、丸佳浩)の新たな血を入れてきたが、今オフは7年ぶりのFA補強ゼロとなった。決して静観していた訳でなく、美馬学、鈴木大地の獲得に動き、美馬に至っては原辰徳監督自ら出馬した上での「断り」であり、巨人にとっては大きな誤算だったことは間違いない。

あわせて読みたい

  • 来オフFAの山田哲人の争奪戦は巨人とソフトバンクの一騎打ち

    来オフFAの山田哲人の争奪戦は巨人とソフトバンクの一騎打ち

    週刊朝日

    12/12

    来オフは広島・大瀬良大地、日本ハム・大田泰示の獲得に動く可能性、「FAの巨人」が復活か

    来オフは広島・大瀬良大地、日本ハム・大田泰示の獲得に動く可能性、「FAの巨人」が復活か

    週刊朝日

    12/18

  • 山田哲人の国内FA権取得に、ヤクルトファンから「移籍しても仕方ない」の声

    山田哲人の国内FA権取得に、ヤクルトファンから「移籍しても仕方ない」の声

    週刊朝日

    9/8

    広島・丸にもフラれた? FA補強でも巨人が勝てない理由

    広島・丸にもフラれた? FA補強でも巨人が勝てない理由

    週刊朝日

    11/28

  • 原辰徳監督出馬の巨人がFA補強で惨敗した本当の理由

    原辰徳監督出馬の巨人がFA補強で惨敗した本当の理由

    週刊朝日

    11/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す