弱小モンゴルに圧勝で喜んでる場合か 森保ジャパンに早くも回ってきた大きな“ツケ”

2019/10/11 16:00

 今季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)参戦中の伊東純也(ゲンク)と南野拓実(ザルツブルク)のホットラインが生み出した先制弾に始まり、日本代表を長く支えてきた吉田麻也(サウサンプトン)と長友佑都(ガラタサライ)のゴール。そして大迫勇也(ブレーメン)の代役・永井謙佑(FC東京)の一撃に、遠藤航(シュツットガルト)と鎌田大地(フランクフルト)の代表初得点が決まった。

あわせて読みたい

  • なぜ伊東純也はモンゴル戦で“アシストキング”になれたの? 堂安、久保との競争も過熱

    なぜ伊東純也はモンゴル戦で“アシストキング”になれたの? 堂安、久保との競争も過熱

    dot.

    10/12

    いまいち腑に落ちない人のための、森保ジャパン“3バックの使い方”講座

    いまいち腑に落ちない人のための、森保ジャパン“3バックの使い方”講座

    dot.

    6/7

  • 森保ジャパン…南野、中島、堂安が躍動!「若返りと世代間の融合」に前進【六川亨】

    森保ジャパン…南野、中島、堂安が躍動!「若返りと世代間の融合」に前進【六川亨】

    dot.

    9/12

    “大迫の代役”誕生にも期待…「国内組4人」が示すべきJリーグの価値

    “大迫の代役”誕生にも期待…「国内組4人」が示すべきJリーグの価値

    dot.

    9/5

  • “脱・大迫”など世代交代が必須に…日本代表で期待したい“新戦力”は誰だ

    “脱・大迫”など世代交代が必須に…日本代表で期待したい“新戦力”は誰だ

    dot.

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す