「楽しかった試合もなかった」 宇野昌磨が苦悩を経てたどり着いた新境地とは

フィギュアスケート

2019/10/07 11:30

 宇野昌磨がジャパンオープンで披露した今季のフリー『Dancing on my own』は、美しいメロディに宇野の滑らかなスケーティングが乗っていく、爽やかなプログラムだ。昨季まで宇野が競技会で滑るプログラムは樋口美穂子コーチが振り付けており、宇野の氷に吸い付くような滑りがクラシックやオペラの重厚なメロディに調和して映えていた。

あわせて読みたい

  • 今季の宇野昌磨は一味違う! 古巣卒業で引き出された「新たな魅力」

    今季の宇野昌磨は一味違う! 古巣卒業で引き出された「新たな魅力」

    dot.

    8/31

    宇野昌磨 GPファイナル一番乗りでも「好調ゆえの悩みがある」

    宇野昌磨 GPファイナル一番乗りでも「好調ゆえの悩みがある」

    AERA

    11/17

  • 宇野昌磨が「どん底」の仏杯と露杯を終えて それでも笑顔の理由

    宇野昌磨が「どん底」の仏杯と露杯を終えて それでも笑顔の理由

    AERA

    11/26

    宇野昌磨の“来季”はもう始まっている 「楽になることはない」鍛錬の先に見据えるもの

    宇野昌磨の“来季”はもう始まっている 「楽になることはない」鍛錬の先に見据えるもの

    dot.

    5/10

  • 宇野昌磨が「別人」の滑り 新コーチ・ランビエルの下で新たな魅力が開花

    宇野昌磨が「別人」の滑り 新コーチ・ランビエルの下で新たな魅力が開花

    AERA

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す