「のん」に会えた 大丈夫、時代は動き出しているから (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「のん」に会えた 大丈夫、時代は動き出しているから

連載「あの人ってば。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子dot.
完全復活は? のん (c)朝日新聞社

完全復活は? のん (c)朝日新聞社

 のんさんの初舞台「私の恋人」を、本多劇場で観た。全国7カ所で上演後の東京公演の6日目。追加公演も発表された。終演後、劇場を出て階段を降りていると、すぐ前でひとりの男性が隣の女性にこう言っていた。

【写真】まだ幼さが残る2016年の「のん」

「あー、とにかくのんちゃんに会えてよかった。観たんじゃないよ、会えたんだよ」

 若くはない会社員風の男性がしみじみとつぶやいたその言葉、私も同じ気持ちだった。所属事務所と「大人の事情」で、能年玲奈からのんになった。音楽、絵画、そして声優としての活躍は承知している。だけど、やはり演じてほしい。演じるのんさんに会いたい。

 そういう気持ちの人が大勢いるからだろう。劇場全体が「のんちゃん、がんばれ」に包まれていた。

 作・演出は渡辺えりさん。能年さん時代に出演した朝ドラ「あまちゃん」(2013年)で共演した人。パンフレットの巻頭、渡辺さんの挨拶にこうあった。

「のんちゃんは8年前から一緒に何か作ろうと話し続けてきた気の合う友人である」

 いいなあ、渡辺さん。「劇団3◯◯」を1978年に立ち上げ、2018年から劇作家協会会長を務める演劇界の重鎮。現在64歳。のんさんは26歳。38歳年下の女性を「気の合う友人」と言う人、大好きだ。

 CM以外テレビでのんさんは見られないのが基本。だから8月31日、NHKの「おはよう日本」でのんさんのインタビューが放送されたことは、前日からネットなどで大変話題になっていたから、私も見た。

 のんさんが「あまちゃん」の舞台でもある岩手県久慈市に通っていることが紹介された。「初めてのんちゃんと呼んでくれたのが、久慈の皆さんだった」とのんさん。能年ちゃんからのんちゃんになったこと、それはそれは大変だったんだなーとしみじみ。

 「私の恋人」での初舞台挑戦も紹介され、渡辺さんのVTRも映った。のんさんをオファーしたのは「気持ちに嘘がない」からだと語っていた。「嘘があると、舞台は全部見えてしまいますから」と。渡辺さんの芝居への愛と誇りが伝わってきて、のんちゃんは渡辺さんに出会えてよかったなあ、とまたしみじみ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい