「花粉症薬が保険適用外に」医療費約600億円削減でも現役医師が困る理由とは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2019/09/06 07:00

「花粉症薬が保険適用外に」というニュースが、8月下旬に話題になりました。これが正式に決まるとどういうことになるのでしょうか? 著書『心にしみる皮膚の話』が好評発売中の京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師が解説します。

あわせて読みたい

  • 「国民の痛みは避けられない」 花粉症薬「保険適用外」提言の背景にあるもの

    「国民の痛みは避けられない」 花粉症薬「保険適用外」提言の背景にあるもの

    AERA

    11/25

    お金だけではない危険性も…花粉症薬の保険適応外に専門家ら警鐘

    お金だけではない危険性も…花粉症薬の保険適応外に専門家ら警鐘

    AERA

    11/26

  • 高い薬局と安い薬局がある? 医療費の節約法、教えます!

    高い薬局と安い薬局がある? 医療費の節約法、教えます!

    週刊朝日

    7/15

    右肩上がりの薬剤費を抑える三つの秘策

    右肩上がりの薬剤費を抑える三つの秘策

    AERA

    10/31

  • 70万円削減も! 山積み“残薬”は本当に減らせるのか?

    70万円削減も! 山積み“残薬”は本当に減らせるのか?

    週刊朝日

    3/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す