堂林(現広島)を2度降板させた日本文理10年前の伝説の猛追

2019/08/16 08:00

 球場は大音量の「伊藤」コールに包まれていた。2009年夏の甲子園決勝は日本文理(新潟)対中京大中京(愛知)の一戦。九回表、2死満塁で4点を追いかける日本文理の打席には六番・伊藤直輝(28)が立っていた。

あわせて読みたい

  • 10年前の「あの夏」をもう一度 貫いた日本文理の「つなぐ野球」

    10年前の「あの夏」をもう一度 貫いた日本文理の「つなぐ野球」

    週刊朝日

    8/10

    劇的なドラマがさらに印象的に… 高校野球ファンの記憶に残る「甲子園の名実況」

    劇的なドラマがさらに印象的に… 高校野球ファンの記憶に残る「甲子園の名実況」

    dot.

    8/15

  • 8点差を最終回逆転で甲子園へ 星稜の奇跡はなぜ起きたのか?

    8点差を最終回逆転で甲子園へ 星稜の奇跡はなぜ起きたのか?

    dot.

    8/4

    敦賀気比の杉田翔太郎が大会史上15年ぶり6人目のサイクル安打、打席に入る前にした反省とは

    敦賀気比の杉田翔太郎が大会史上15年ぶり6人目のサイクル安打、打席に入る前にした反省とは

    週刊朝日

    8/13

  • 夏の甲子園 大会第4日は夏日本一経験校ずらり

    夏の甲子園 大会第4日は夏日本一経験校ずらり

    週刊朝日

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す