吉本お家騒動の勝者は明石家さんま? “お笑い怪獣”のもうひとつの顔 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉本お家騒動の勝者は明石家さんま? “お笑い怪獣”のもうひとつの顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒崎さとしdot.
後輩からの信頼も厚い明石家さんま (c)朝日新聞社

後輩からの信頼も厚い明石家さんま (c)朝日新聞社

 世間を騒がせたお笑い芸人の闇営業騒動。中心となっていた雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮の涙の訴えや社長・岡本昭彦氏のグダグダ会見など、対応の悪さを見せ続けた吉本興業だったが、8月に入って経営アドバイザリー委員会を立ち上げ、タレントの希望に応じてマネジメント契約またはエージェント契約を結んでいくなどの方針を示すなど、騒動も沈静化に向かっているように見える。一方で騒動は“闇営業”とは無関係の芸人にも飛び火し、その対応を巡って株を上げた芸人たちも注目が集まった。

【写真】さんまの吉本での社内独立事情を知る桂小軽

「新喜劇とそこに立つ芸人への愛と語った小籔千豊さんや、レポーターからの直撃を受けて変顔や面白い動きを挟み込んでネタにしたゆりやんレトリィバァさんなどには絶賛の声があがっていましたね。どうやら吉本内で『騒動に関してはネタにしていい』という暗黙の了解があるようで、若手も面白くいじっています。先日も大阪の劇場で若手コンビの祇園が、企画に参加してくれた観客にプレゼントを渡すときに、『中身は岡本社長のブロマイドでーす!』と言って大ウケしてました」(エンタメ情報誌の編集者)

 こうした中、渦中で矢面に立ったダウンタウン松本人志とともに、トップ・オブ・トップである明石家さんまの動向が話題になった。

「さんまさんは今回の騒動について、特に在阪局制作のMCを務めるテレビやラジオでさまざまな発言をしてきました。やはり、“地元は大阪”という思いがあるのでしょう。立場的には中立的な印象で、批判を浴びた社長の記者会見を見て『吉本をもとに戻さんほうがええ』と、変化を促す世間の心境を代弁するかのような発言をしていた。一方で、宮迫さんについては、愛を持っていじりをいれ、後になんとか助けたかったといった趣旨の発言をしていました。さんまさんは一貫して会社ではなく後輩たちを守るというスタンスをとり続けた。会長との仲の良さから“経営側”として見られ批判された松本さんや、反乱的な行動を起こしたものの尻すぼみで終わりそうな極楽とんぼの加藤浩次さんと比較しても、株を上げた格好です」(前出のバラエティ制作スタッフ)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい