専門家が語る痴漢治療 「自尊心を取り戻すことも重要」

ヘルス

2019/06/10 21:04

※「3回の痴漢逮捕で離婚 『性依存』の会社員が取り組む治療と再スタート」という見出しで6月7日11時30分に配信した本記事において、性依存について説明してくださった筑波大学人間系心理学域教授・原田隆之氏が当該者のごとくとられるような顔写真の配置になっておりました。原田教授にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

あわせて読みたい

  • 性的な衝動をコントロールできない! 「性依存」の背景にはストレスに対する弱さも

    性的な衝動をコントロールできない! 「性依存」の背景にはストレスに対する弱さも

    dot.

    6/6

    「がまんすればいい」ではすまされない「性依存」 治療法グループセラピーとは?

    「がまんすればいい」ではすまされない「性依存」 治療法グループセラピーとは?

    dot.

    6/7

  • 性犯罪の背景に“依存症” 「性的なしらふ」にするための試みも

    性犯罪の背景に“依存症” 「性的なしらふ」にするための試みも

    AERA

    2/3

    性犯罪は加害者治療で減らせるはず

    性犯罪は加害者治療で減らせるはず

    AERA

    6/12

  • 性犯罪加害者への治療が進まないのは日本人の国民性か

    性犯罪加害者への治療が進まないのは日本人の国民性か

    AERA

    6/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す