ソフトバンク甲斐に続く「次世代キャノン」は誰だ?【西尾典文】 (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ソフトバンク甲斐に続く「次世代キャノン」は誰だ?【西尾典文】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
甲斐キャノンに続け! (c)朝日新聞社

甲斐キャノンに続け! (c)朝日新聞社

 最後にアマチュア球界からも候補を紹介したい。今年のドラフト候補は捕手に好素材が多いが、中でも評価が高いのが海野隆司(東海大)と佐藤都志也(東洋大)の二人だ。海野は小さく素早い動きで強いボールを投げられるスローイングがピカイチで、イニング間のセカンド送球はコンスタントに1.8秒台をマークする。がっちりした捕手らしい体つきでキャッチングに安定感があるのも特長だ。佐藤は内野手、外野手もこなすアスリートタイプの選手。軽快なフットワークと持ち替えの速さは出色で、コントロールも安定している。昨年秋は少し不振だったものの、2年春には5割近い打率を残して首位打者に輝き、3年春にはリーグ戦で4本塁打を放つなど打てる捕手というのも大きな魅力だ。ともに次代の正捕手が必要な球団にはうってつけの人材と言えるだろう。

 セパ各球団、そして侍ジャパンを考えても、万全の正捕手というのが少ない状況であることは間違いない。ここで取り上げた選手以外にも、育成契約からスターダムにのし上がった甲斐のように、次世代を担う捕手が登場することを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい