ニセ米軍人にSNSで結婚詐欺された43歳女性が独白「嘘を追及するとアカウントが消え…」 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ニセ米軍人にSNSで結婚詐欺された43歳女性が独白「嘘を追及するとアカウントが消え…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之dot.
詐欺容疑で逮捕された容疑者 (c)朝日新聞社

詐欺容疑で逮捕された容疑者 (c)朝日新聞社

 そうやって、2か月近くやりとりをした時だった。

「チャットをしていると『Let’s get marry!』とプロポーズをされたのです。その頃、私もジョンにすっかり惚れてしまっていた。会ったことがないのに毎日、会っているように思い、チャットするために早く家に帰るなど、ジョンが生活の中心にありました」(Aさん)

 それから、10日ほどたつと、毎日、愛のメッセージを送ってきたジョンからこんな短いメッセージが…。

「そろそろ戦場に向かわねばならない」

 そして音信が途絶えた。Aさんは、ジョンの身に何かあればと心配する日々だった。

 すると、見知らぬ人からAさんにメッセージが届いた。

 イギリスの病院の関係者だという人物だった。

「米軍のジョンが戦場で重傷を負った。あなたに連絡をとってほしいと、言っている」というのだ。Aさんはこう振り返る。

「心臓が止まりそうなほど驚いた」

 半日ほどして、ジョンからもメッセージが届いた。

「戦場で負傷した。命は助かった、苦しい、痛い…」というメッセージの後にこんな懇願があった。

「もう軍人としてやっていけない、そのために治療費と除隊するのに、カネが…」
「助けてくれないか」

 ジョンは、1万ドルを送金してほしいとAさんに依頼したのだ。

 そこへ、先に登場した病院の医師を名乗る人物がFACEBOOKの音声通話機能を通じて、連絡してきた。

「ジョンが大変なので助けてほしいと言っています。至急、お金を振り込んでもらえないか」

 Aさんは、指定されたイギリスの銀行口座に1万ドルを送金した。

 すると、数日後に再度、医師から連絡があった。ケガの悪化で追加に送金を要求され、1万5千ドルを送った。

「いつも、送金する前に、ケガが治れば結婚できるとメッセージがきて、早く送らなきゃとジョンは死んじゃうと必死でした」

 そんなAさんの普段と違った様子を見て会社の同僚の1人が声をかけた。

「どうしたの、おかしいよ」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい