アホと「戦うべきとき」と「戦ってはいけないとき」の見極め方 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

アホと「戦うべきとき」と「戦ってはいけないとき」の見極め方

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加

田村耕太郎さん

田村耕太郎さん

逃げるか、戦うか。どうする!?(※イメージ写真)

逃げるか、戦うか。どうする!?(※イメージ写真)

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークワンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、65万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。

 日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「アホと戦うとき、戦わないときの見極め方」について。

*  *  *
【相談】「アホと戦うな」は、確かに頭では理解できるのですが、私にはどうしても納得できません。「戦うな」という対処法では、逃げているだけで本質的な解決にはつながらないのではないでしょうか。

 つまり、自分が戦わずになんとかやり過ごしても、必ず次の犠牲者が出てしまいます。だからこそ、問題人物には、一度言動を改めさせるアクションが必要なのかと思っています。つきましては、ぜひ田村さんに二つお伺いしたいことがあります。

(1)戦うべきとき、戦ってはいけないときの見極めはどこにあるか?
(2)いざ言動を改めさせたいとき、どのようなアクションを起こしたらいいのか。

 ぜひ教えてほしいです。よろしくお願いいたします。

■大事なのは「頭に来てもアホ“とは”戦うな」

 私の本のタイトルは「頭に来てもアホ“とは”戦うな」です。

 つまり、アホ限定で戦うことの禁止を訴えているのです。だから、アホではなく、価値ある戦いなら挑めばいいのです。

 価値ある戦いとは何か? 私は自著で一貫して「自分の人生を生きる」ことをお勧めしております。自分の人生を生きることにつながるなら――。例えば、アーティストのオーデションで自分がやりたい役は一つしかなく、それを巡って何人も立候補しているとか、首相になってライフワークとしてやりたい政策があるのにライバルがいっぱいというシチュエーションとか、そういう場合はどんどん戦ってください。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい