金本、谷繁、稲葉…史上最も活躍した「FA移籍選手」は誰だ?

2018/12/24 16:00

 日本プロ野球にFA制度が導入されたのは今から25年前、映画「ジュラシック・パーク」が公開された93年のオフのこと。第1号のFA宣言者は松永浩美(阪神→ダイエー)。それ以降、今オフの4人(丸佳浩、浅村栄斗、西勇輝、炭谷銀仁朗)を含めて延べ90人がFA権を行使して国内他球団へと活躍の場を移した。確かな実績を作ったからこそ得られる権利であるが、大金が動いた中で周囲の目が厳しくなるのも事実。大事になるのは、やはり新天地での活躍である。

あわせて読みたい

  • 「人的補償の第1号」は巨人での“くすぶり”から脱出 プロテクト漏れを糧にした男たち

    「人的補償の第1号」は巨人での“くすぶり”から脱出 プロテクト漏れを糧にした男たち

    dot.

    11/11

    清宮入団で崖っぷち 日ハム中田、気になる去就

    清宮入団で崖っぷち 日ハム中田、気になる去就

    週刊朝日

    11/6

  • 「引退表明」広島・新井貴浩、波瀾万丈の20年間を振り返る【西尾典文】

    「引退表明」広島・新井貴浩、波瀾万丈の20年間を振り返る【西尾典文】

    dot.

    9/13

    移籍した途端に“不良債権化”も… 最も成功&失敗した助っ人の国内移籍は?

    移籍した途端に“不良債権化”も… 最も成功&失敗した助っ人の国内移籍は?

    dot.

    3/14

  • トレード、戦力外になった選手達 “新天地”で這い上がれるか

    トレード、戦力外になった選手達 “新天地”で這い上がれるか

    dot.

    1/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す