帰省シーズン前にチェック! 長距離移動時の「感染症予防」アイテムとその理由 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帰省シーズン前にチェック! 長距離移動時の「感染症予防」アイテムとその理由

連載「ちょっとだけ医見手帖(森田麻里子医師)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田麻里子dot.#ライフ
帰省シーズン前に準備をお忘れなく(写真:getty images)

帰省シーズン前に準備をお忘れなく(写真:getty images)

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

 除菌ウェットティッシュはさらに、アルコールを含むタイプのものと、アルコール以外の殺菌剤を含むものに分かれます。ノンアルコールタイプのものは「肌に優しい」、だから「お子さんにも安心」というキャッチコピーがつけられたりしていて、子どもにも使いやすそうに思えます。しかしここで注意していただきたいのは、「除菌」というのは細菌を減らす効果だけを見ているということです。

 冬に流行する感性症の多くはウイルス性なので、細菌だけではなくウイルスに対する効果が大切です。実は、アルコール以外の殺菌剤は一般的に、ウイルスへの効果は弱いです。また、アルコールを含むウェットティッシュであっても、消毒ジェルやスプレータイプのものに比べてアルコール濃度は低く、効果は落ちると考えられます。

■流水20秒間の手洗いと同等に

 ウェットティッシュの役割で一番大切なのは、流水・石けんでの手洗いの代わりに、物理的に菌やウイルスを落とすことです。埼玉県の消費生活支援センターが行った除菌ウェットティッシュのテスト結果を見ると、水道水を含ませたティッシュペーパーで拭き取るか、除菌ウェットティッシュで拭き取るかということよりも、2~3回以上拭き取ることが除菌するために大切だということがわかります。2001年に発表された長崎大学医療技術短期大学部の研究でも、除菌でないウェットティッシュで両方の手のひらと手の甲を5回ずつ拭くことで、流水20秒間の手洗いと同等に手指の細菌が減少したという結果になっています。ウェットティッシュは、薬剤による除菌効果を期待するよりも、手洗いの代わりに物理的に落とすためのものと割り切ってしまってもよいのではないでしょうか。顔や口まわりにも安心して使える、除菌でないウェットティッシュやおしぼりをたっぷり持って行くのが私のおすすめです。

 ウェットティッシュで汚れを拭き取ったら、手が乾いた後に、アルコール消毒ジェルやスプレーを使うと良いと思います。ジェルやスプレータイプのアルコール消毒剤は、アルコールの濃度も70~80%と十分なものが多いです。最近では、pHを酸性にすることで、本来アルコールが効かないとされているノロウイルスなどへの効果が期待できる製品も出てきました。こういったものを使うと、より安心かもしれません。

 年末年始もしっかり感染症を予防して、皆様どうぞよいお年をお迎えください。

◯森田麻里子(もりた・まりこ)
1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

森田麻里子

森田麻里子(もりた・まりこ)/1987年生まれ。東京都出身。医師。2012年東京大学医学部医学科卒業。12年亀田総合病院にて初期研修を経て14年仙台厚生病院麻酔科。16年南相馬市立総合病院麻酔科に勤務。17年3月に第一子を出産。小児睡眠コンサルタント。Child Health Laboratory代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい