1カ月ぶりの流動食“完飲”に9分19秒 難治がんとの必死の静かな闘い

書かずに死ねるか――「難治がん」と闘う記者

がん

2018/10/27 16:00

 うまくいかなかった2度の手術。「もう完全に治ることはない」と医師は言った。「1年後の生存率1割」を覚悟して始まったがん患者の暮らしは3年目。46歳の今、思うことは……。2016年にがんの疑いを指摘された朝日新聞の野上祐記者の連載「書かずに死ねるか」。今回は病気との静かな闘いについて。

あわせて読みたい

  • 餅だけじゃない! 窒息死は交通事故死の2倍…嚥下機能低下の6つの症状

    餅だけじゃない! 窒息死は交通事故死の2倍…嚥下機能低下の6つの症状

    週刊朝日

    10/24

    「もう食事はとれない」そう告げられた難治がんの記者の支え「カレーは裏切らない」
    筆者の顔写真

    野上祐

    「もう食事はとれない」そう告げられた難治がんの記者の支え「カレーは裏切らない」

    dot.

    11/10

  • 自分が太る理由 を知るための 最もシンプルな方法

    自分が太る理由 を知るための 最もシンプルな方法

    ダイヤモンド・オンライン

    4/26

    「難治がん」の記者 入院生活で考えた「まだ書き残していること」はなにか?
    筆者の顔写真

    野上祐

    「難治がん」の記者 入院生活で考えた「まだ書き残していること」はなにか?

    dot.

    5/12

  • 短期間で美ボディを手に入れる、「ファスティング=断食」方法!

    短期間で美ボディを手に入れる、「ファスティング=断食」方法!

    tenki.jp

    5/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す