【ドラフト2018】ヤクルト、必要なのは即戦力投手…東洋大・上茶谷、Honda・齋藤を狙え! (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト2018】ヤクルト、必要なのは即戦力投手…東洋大・上茶谷、Honda・齋藤を狙え!

このエントリーをはてなブックマークに追加
氏原英明dot.
東洋大・上茶谷大河 (c)朝日新聞社

東洋大・上茶谷大河 (c)朝日新聞社

 一方の野手は、将来的なメジャー挑戦もありえる山田哲人が守る二遊間、そして高齢化しつつある外野陣も指名候補にいれたい。

 内野手の候補は太田椋(天理)、増田陸(明秀日立)あたりか。太田は現在のレギュラー西浦直亨の後輩に当たるが、守備力では劣るものの、総合的な水準では太田が優るかもしれない。太田は三塁、二塁への転向も可能だ。増田は走・攻・守の安定感とリードオフマンとして期待ができそう。伸びしろはあるだろう。

 外野手も高校生を中心に指名したい。スラッガータイプで選ぶなら、右打者では浜田太貴(明豊)、野村佑希(花咲徳栄)、左打者なら松井義弥(折尾愛真)、山下航汰(健大高崎)、勝又温史(日大鶴ケ丘)になるだろうか。

 甲子園でホームランを放っている浜田、野村らの実績組か、勝又、あるいはスカウトの評価が分かれるが、万波中正(横浜)の大化けにも期待したい。(文・氏原英明)

●プロフィール
氏原英明
1977年、サンパウロ生まれ奈良育ち。地方新聞社勤務を経て、03年からフリーライター。夏の甲子園は03年から大会をすべて観戦取材するなど、アマチュア野球に精通。現在のプロ野球選手のアマチュア時代を知る強さを生かし、プロの現場でも成長ぶりを追いかける。一方、最近では個性がどう生かされているかをプロアマを問わず観戦の主眼に置いている。近著には「甲子園という病」 (新潮新書)がある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい