NMB48卒業迫る山本彩が担当記者泣かせだったワケ (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NMB48卒業迫る山本彩が担当記者泣かせだったワケ

連載「上方芸能ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#中西正男

山本彩さん (c)朝日新聞社

山本彩さん (c)朝日新聞社

 アイドルグループ「NMB48」からの卒業が迫ってきた山本彩。立ち上げ当初から同グループを大エースとして引っ張ってきただけに、卒業コンサートは10月27日、大阪・万博記念公園東の広場で「NMB48」史上最大規模のイベントとして行われることが決まっている。

【卒業SG『僕だって泣いちゃうよ』のMVが公開された山本彩の写真はこちら】

 2010年の同グループ立ち上げ時から、当時はデイリースポーツの「NMB48」担当記者として毎週連載も書いてきたが、山本がいつ卒業するのか。これはグループ発足時からの大きなテーマだった。それだけ山本の存在はグループ内でずば抜けて大きく、それは誰もが認めていることだった。

 プレイヤーとしては圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスを誇る。さらに、チーム全体の方向性を見定めてメンバーを導く“監督”でもあり、時には後輩を厳しく叱る“若手育成コーチ”でもあり、グループを世間にアピールする“広報担当”でもあった。

 山本の言葉で忘れられないのは、キャプテンとしてグループを引っ張る自覚を尋ねた時。20歳近くも年下の話ながら、聞いて鳥肌が立ったのを思い出す。

「私は後輩たちにも言うようにしていますし、言う以上は自分もやらないといけない。自分で言うのも何ですけど、これはなかなか大変なことだと思います。そして、何より、こんな大変なことを他のメンバーにはやらせたくない。だから、自分がやっているんです」

 それだけの役割を担ってきたのだから、当然なのかもしれないが、毎週連載を書く担当記者としては非常に困る問題もあった。

 というのは、どのメンバーに話を聞いても、最後はいつも同じ話になるからだ。

「自分にはできないことをされていて尊敬しますし、それでいてメンバーのことを一番見てくれている。少しでも近づけるように頑張りたいです」。

 もちろん、それぞれのメンバーは素直な思いを話しているだけなのだが、示し合わせたように、いつも山本への尊敬と感謝の思いがインタビューのラスト近くに出てくる。いつも“締め”の部分が同じでは連載として芸がないので、そこからあえてマイブームの話や、最近あった他のメンバーの面白エピソードなどを聞きなおして、原稿をまとめていたことを思い出す。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい