中瀬ゆかり「3度も死にかけた中村うさぎさんに教わったこと」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中瀬ゆかり「3度も死にかけた中村うさぎさんに教わったこと」

連載「50代ボツイチ再生工場」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中瀬ゆかりdot.#中瀬ゆかり
中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり))/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。 彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり))/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。 彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

作家・中村うさぎさん (c)朝日新聞社

作家・中村うさぎさん (c)朝日新聞社

 そんな私の魂の鎮痛剤は、猫と酒と、本と映画。家で猫を傍らに引き寄せ、酒を飲みながら目から取り入れる一冊の本や一本の映画がどれだけ救いとなり、私の人生を再生に導いてくれたか!それはこの3年間、絶え間なく訪れた福音のようなものだった。

 たとえば、白川を失くして間もなく出版された、中村うさぎさんの『他者という病』では、原因不明の大病をして3度死にかけ、仕事も失ってもなお「死ねなかった」うさぎさんの戦いに「自分だけが悲劇のヒロインではない」ことを教えてもらい、その1年後オランダのトーン・テレヘン氏の著作『ハリネズミの願い』(長山さき訳)に出会い、自分のハリが大嫌いで友だちのいない臆病なハリネズミが「でも誰も来なくてだいじょうぶです」という招待状を出さずに「もし誰かが来たら」という妄想でつづる物語が五臓六腑に染み入った。せつなさと可愛らしさ、孤独と人恋しさに満ちた優しくて哲学的な寓話にキュンキュンしながら、わたしにも、ハリネズミのようなコミュ障の部分があることを改めて自覚し、自らの「ハリ」のようなコンプレックスと向き合いながら、魂レベルで再び誰かとかかわって気持ちの上で溶け合いたい、という思いがふつふつとわきあがった。

 そう、耐えられない喪失感の中でも、もう一度恋をしたい!誰かを強く愛したい!このままでは死ねない!と、この本によって再び思えたのだ。なんという、物語の力!!


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい