クラミジア感染で不妊症に、妊婦は流産、死産も… 急増する「性感染症」の恐ろしさ

2018/04/19 11:30

 性感染症のなかで患者数が最も多いのがクラミジア感染症。特に、妊婦がクラミジアに感染していると、流産や死産につながる恐れがあることが示唆されている。特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員で内科医の山本佳奈医師が、患者数が多い感染症にもかかわらず関心が低いクラミジア感染症について、警鐘を鳴らす。

あわせて読みたい

  • 「梅毒」だけじゃない性感染症 なぜ感染は繰り返されるのか?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「梅毒」だけじゃない性感染症 なぜ感染は繰り返されるのか?

    dot.

    10/24

    不妊リスク高める4つの要因 意外と知られていない喫煙と卵巣機能の関係

    不妊リスク高める4つの要因 意外と知られていない喫煙と卵巣機能の関係

    週刊朝日

    10/13

  • 「性感染症」性器でなく咽に症状も 気を付けたい咽頭感染とは?

    「性感染症」性器でなく咽に症状も 気を付けたい咽頭感染とは?

    週刊朝日

    2/4

    「梅毒」が若い女性に増加 妊婦が感染すると胎児にも影響し40%の子が死亡も

    「梅毒」が若い女性に増加 妊婦が感染すると胎児にも影響し40%の子が死亡も

    週刊朝日

    8/21

  • 北原みのり「梅毒増加が問いかけるもの」
    筆者の顔写真

    北原みのり

    北原みのり「梅毒増加が問いかけるもの」

    週刊朝日

    7/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す