高すぎる200勝の壁… 松坂大輔も“射程圏外”の偉業に挑むのは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高すぎる200勝の壁… 松坂大輔も“射程圏外”の偉業に挑むのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
松坂大輔の200勝達成は厳しい? (c)朝日新聞社

松坂大輔の200勝達成は厳しい? (c)朝日新聞社

 昨年は青木宣親(ヤクルト)、荒木雅博(中日)、阿部慎之助(巨人)、鳥谷敬(阪神)と3人の選手が2000本安打を達成した(※青木は日米通算)。今年もがあと25本に迫る内川聖一(ソフトバンク)の達成が確実視されており、あと38本の福浦和也(ロッテ)も可能性はあると言えるだろう。しかしその一方で先発投手の金字塔と言える200勝は2016年に達成した黒田博樹(広島)以降、それに迫る投手は出てきていない。また黒田は日米通算の記録であり(NPB124勝、MLB79勝)、日本だけの記録となると2008年に達成した山本昌(中日)まで遡ることになる。

 高校卒1年目から3年連続最多勝という破格のデビューを飾った松坂大輔(中日)も現時点で日米通算164勝(NPB108勝、MLB56勝)。ドラフト時には高校時代を過ごした横浜(現DeNA)入りを希望しており、抽選で引き当てた西武が入団交渉で東尾修監督(当時)が200勝を達成した時のボールをプレゼントしたエピソードは有名だが、松坂自身の達成は極めて難しいと言わざるを得ない。それでは今後200勝を達成する可能性がある投手は誰なのか、またその条件はどのようなものになるのか、探ってみたいと思う。

 現在、日米通算も含めて最も200勝に近い投手は岩隈久志(マリナーズ)であり、昨年までに170勝(NPB107勝、MLB63勝)をマークしている。しかし昨年は故障で0勝に終わり今季はマイナー契約からのスタートということと、今年で37歳という年齢を考えると、残り30勝は簡単ではない。マイナーで長く過ごす可能性があるようなら、早期に日本球界復帰を決断した方が200勝達成の可能性は高くなるだろう。

 岩隈以上に可能性が高そうなのが田中将大(ヤンキース)とダルビッシュ有(カブス)の二人だ。昨年までで田中は通算151勝(NPB99勝、MLB52勝)、ダルビッシュは149勝(NPB93勝、MLB56勝)をマークしている。年齢的にも田中は30歳、ダルビッシュは32歳とまだまだ若く、まさに今がピークと言える二人だけに、致命的な故障がなければ十分射程圏内と言える。田中と同学年の前田健太(ドジャース)も126勝(NPB97勝、MLB29勝)とペースとしては悪くない。

 岩隈も含めた彼ら四人に共通していることは高校卒であることと、デビューが早かったこと、そして基本的に先発投手に専念してきたことが挙げられる。ただ先述した松坂のように30歳を過ぎてからの故障によって、一気にペースが下がることも大いに考えられる。いかに200勝への道のりが険しいかということが改めてよく分かるのではないだろうか。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい