高すぎる200勝の壁… 松坂大輔も“射程圏外”の偉業に挑むのは?

2018/02/22 16:00

 昨年は青木宣親(ヤクルト)、荒木雅博(中日)、阿部慎之助(巨人)、鳥谷敬(阪神)と3人の選手が2000本安打を達成した(※青木は日米通算)。今年もがあと25本に迫る内川聖一(ソフトバンク)の達成が確実視されており、あと38本の福浦和也(ロッテ)も可能性はあると言えるだろう。しかしその一方で先発投手の金字塔と言える200勝は2016年に達成した黒田博樹(広島)以降、それに迫る投手は出てきていない。また黒田は日米通算の記録であり(NPB124勝、MLB79勝)、日本だけの記録となると2008年に達成した山本昌(中日)まで遡ることになる。

あわせて読みたい

  • 阪神チェンはこのまま“不良債権化”も…能見から受け継いだ背番号「14」の復活あるか

    阪神チェンはこのまま“不良債権化”も…能見から受け継いだ背番号「14」の復活あるか

    dot.

    1/6

    西武・松坂大輔、楽天・田中将大、日本ハム・斎藤佑樹……甲子園優勝投手の現在地

    西武・松坂大輔、楽天・田中将大、日本ハム・斎藤佑樹……甲子園優勝投手の現在地

    週刊朝日

    3/9

  • 200勝目指すヤクルト・石川雅規の「179敗」は「負けすぎ」か? 投手と敗戦数の関係性

    200勝目指すヤクルト・石川雅規の「179敗」は「負けすぎ」か? 投手と敗戦数の関係性

    dot.

    7/1

    黒田博樹、日米通算200勝は“通過点” 25年ぶりの歓喜のため、さらなる勝利を

    黒田博樹、日米通算200勝は“通過点” 25年ぶりの歓喜のため、さらなる勝利を

    dot.

    7/24

  • 高校時代は「プロは夢のまた夢」 その後の“驚異的成長”でNPB入り果たした選手たち

    高校時代は「プロは夢のまた夢」 その後の“驚異的成長”でNPB入り果たした選手たち

    dot.

    5/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す