小室「疲れて」と吐露 KEIKOのリハビリは漢字ドリル

健康

2018/01/19 15:29

『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、記者会見を開き、「けじめとして引退を決意しました」と発表した。小室とglobeのボーカル・KEIKO(45)が結婚したのは2002年。11年にKEIKOがくも膜下出血で倒れて以降、小室は6年間、献身的にKEIKOを介護してきた。

あわせて読みたい

  • 脳梗塞の後遺症の回復には早い時期からのリハビリが不可欠 病院選びも重要

    脳梗塞の後遺症の回復には早い時期からのリハビリが不可欠 病院選びも重要

    dot.

    7/9

    小室哲哉の「KEIKOは小4のドリルをやっている」は誇張だったのか 専門医の見方は?

    小室哲哉の「KEIKOは小4のドリルをやっている」は誇張だったのか 専門医の見方は?

    dot.

    3/7

  • 年末年始は実家のお風呂を要チェック! 冬の温度差でリスクが高まる「脳卒中」の症状とは

    年末年始は実家のお風呂を要チェック! 冬の温度差でリスクが高まる「脳卒中」の症状とは

    dot.

    12/28

    IT機器も活用! 脳卒中の後遺症「タイプ別」リハビリ

    IT機器も活用! 脳卒中の後遺症「タイプ別」リハビリ

    週刊朝日

    7/17

  • 西城秀樹を苦しめた脳梗塞 リハビリ改善は病院間の格差も

    西城秀樹を苦しめた脳梗塞 リハビリ改善は病院間の格差も

    週刊朝日

    5/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す