業界の問題児、ウーマン村本がぶちあげた「啓蒙漫才」とは? (3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

業界の問題児、ウーマン村本がぶちあげた「啓蒙漫才」とは?

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
ウーマンラッシュアワー村本大輔 (c)朝日新聞社

ウーマンラッシュアワー村本大輔 (c)朝日新聞社

 ところが、そのような芸風を続けていると、業界内では反感を買うことも多い。同業者から「アイツはトガっている」「大人げない」などと陰口を叩かれたり、テレビ制作者からは「扱いづらい」「めんどくさい」などと思われたりする。村本はそんな現状への不満を募らせている。

 社会問題について、タレントがテレビで何らかの主義主張を口にしたりすることは、基本的にタブー視されている。ただ、それは明らかにメディア側の自主規制である。余分なトラブルが起こることを避けたいだけなのだ。

 村本が仕事で沖縄を訪れた際に、基地問題をネタにした漫才を披露したところ、大いに盛り上がった上に、ネタが終わった後で観客からの拍手が鳴り止まなくなったという。この経験から村本が学んだのは、社会的な問題の当事者こそが、それをネタにして笑い飛ばしてくれることを誰よりも望んでいる、ということだった。

 それは、なぜアメリカではコメディアンが政治風刺ネタをやるのか、ということにも関係している。多くのアメリカ人にとっては、政治、人種、宗教が身近で切実な問題なのだ。だから、それを笑いのネタにすることが求められている。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい