山田太一、加藤剛が語る異彩を放った大河「獅子の時代」

連載「大河ドラマ誕生55周年の秘話」

大河ドラマ誕生55周年の秘話

植草信和

2017/12/17 16:00

「人がやったことはやらない」をドラマ作りの信条とする近藤晋プロデューサー(2017年2月逝去)が、「黄金の日日」に続いて手掛けた1980(昭和55)年の大河ドラマ18作目となる「獅子の時代」は、何から何まで異例ずくめの大河とし今でも異彩を放っている。その主な“異例”を列挙すると以下のようになる。

あわせて読みたい

  • 鈴木亮平「西郷さんの魅力は人の痛みを感じる共感力」

    鈴木亮平「西郷さんの魅力は人の痛みを感じる共感力」

    週刊朝日

    1/14

    脚本家・中園ミホ、西郷隆盛の曽孫・隆文さんに大河ドラマ「西郷どん」への思いを聞く

    脚本家・中園ミホ、西郷隆盛の曽孫・隆文さんに大河ドラマ「西郷どん」への思いを聞く

    AERA

    12/9

  • 西郷隆盛が犬を飼ったワケ。「やばい」から日本史が見えてくる!

    西郷隆盛が犬を飼ったワケ。「やばい」から日本史が見えてくる!

    ダイヤモンド・オンライン

    8/21

    「西郷どん」で渡辺謙扮する島津斉彬の死因は毒殺? コレラ? それとも… 現代の医師が解説
    筆者の顔写真

    早川智

    「西郷どん」で渡辺謙扮する島津斉彬の死因は毒殺? コレラ? それとも… 現代の医師が解説

    dot.

    4/22

  • 「『新札はこれで最後でしょうね』と財務省の方が…」新札モデル“子孫対談”

    「『新札はこれで最後でしょうね』と財務省の方が…」新札モデル“子孫対談”

    週刊朝日

    10/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す