性被害告白「#metoo」広がる 東京新聞・望月記者、村木さんも (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

性被害告白「#metoo」広がる 東京新聞・望月記者、村木さんも

dot.#男と女
望月衣塑子(もちづき・いそこ)/慶應義塾大学法学部卒。東京新聞社会部記者。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。著書に『新聞記者』『武器輸出と日本企業』など(写真:望月衣塑子さん提供)

望月衣塑子(もちづき・いそこ)/慶應義塾大学法学部卒。東京新聞社会部記者。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。著書に『新聞記者』『武器輸出と日本企業』など(写真:望月衣塑子さん提供)

「最初に電話をかけてくるのは、被害者の友達というケースは少なくありません。話を聞いた友達がネットでこちらの相談窓口を見つけて電話をかけてきてくれるのです。人に話すというハードルが下がれば相談につながる可能性が高くなるのです」(平川さん)

 内閣府男女共同参画局が今年3月に発表した「男女間における暴力に関する調査」によると、異性から無理やり性交された女性の約7割はどこにも相談していないことがわかっている。

「過去の被害をカミングアウトする『#metoo』は視野の長い動きですが、自分の性被害を話していい、訴えていいという考えが広がれば、急性期の被害者にとっても、ものすごい大きな力になると思います」(平川さん)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい