長澤和輝、ベルギー戦でアピール成功…主力定着に向けて必要なことは何か?

2017/11/15 16:31

 欧州遠征2試合目のベルギー戦、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は中盤に代表初選出の長澤和輝を[4‐3‐3]の右インサイドハーフで先発出場させた。12月に行われるW杯グループリーグの組分け抽選会で“ポット1”(開催国ロシアとFIFAランキング上位7カ国が入ることが確定している“格上”)と後半途中まで0‐0と接戦を演じる原動力の働きを見せ、今後の生き残りに大きくアピールした。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す