松坂世代の「怪物スラッガー」も…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【野手編】

2017/11/09 16:00

 ドラフト会議が終わり、注目の高校通算111本塁打の清宮幸太郎(早稲田実)は7球団競合の末に日本ハム、一大会新記録の甲子園6発の中村奨成(広陵)は広島が交渉権を獲得した。夢と希望に満ちたプロ野球人生が間もなく始まろうとしているが、その一方で過去には甲子園のスター選手として鳴り物入りでプロ入りを果たしながらも満足に活躍できなかった選手も数多くいる。光があれば、陰もある。前回の投手編に続き、平成以降の甲子園の舞台を対象に、プロで輝けなかった高校野球のスターたち・野手編を紹介したい。

あわせて読みたい

  • 東尾修「イチローに良い思い出はない」 その理由とは?
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修「イチローに良い思い出はない」 その理由とは?

    週刊朝日

    8/20

    恩師が語る松坂の球界引退後の選択

    恩師が語る松坂の球界引退後の選択

    週刊朝日

    6/29

  • 「500万円払うから」1億円選手になった舞台裏告白
    筆者の顔写真

    東尾修

    「500万円払うから」1億円選手になった舞台裏告白

    週刊朝日

    12/7

    将来の4番と期待したのに… 儚い夢を見せてくれた「不発の大砲」たち

    将来の4番と期待したのに… 儚い夢を見せてくれた「不発の大砲」たち

    dot.

    12/13

  • 松坂大輔、松井秀喜、福留孝介…平成の高校野球「ベストナイン」を独自選出【西尾典文】

    松坂大輔、松井秀喜、福留孝介…平成の高校野球「ベストナイン」を独自選出【西尾典文】

    dot.

    1/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す