橋本治が衆院選を総括! ANZEN漫才の「かならず選挙に行く~」が表すホントのコト (3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

橋本治が衆院選を総括! ANZEN漫才の「かならず選挙に行く~」が表すホントのコト

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋本治(はしもと・おさむ)/1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞。評論家としても活躍。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『三島由紀夫とは何者だったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調平家物語』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。近著に『たとえ世界が終わっても』『知性の顛覆』『いとも優雅な意地悪の教本』等

橋本治(はしもと・おさむ)/1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞。評論家としても活躍。『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『三島由紀夫とは何者だったのか』で小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『双調平家物語』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。近著に『たとえ世界が終わっても』『知性の顛覆』『いとも優雅な意地悪の教本』等

 そういう風に「保守」が分裂する形で「自民党A」と「自民党B」による二大政党制ができて、その両者がお互いにせめぎあいながら政権を争い、そのプロセスに外から「立憲民主党」みたいな「批評家C」が影響を与えてゆくという。拮抗してた方が、外から意地悪はしやすい。なにしろ世界は混沌としてるんだから、固定的にならず、「そういう考え方もあるか……」という修正がきく構造の方がいいと思うの。

 そうやってそれぞれの役割分担が明確になれば、これは「三方一両損」ならぬ「三方一両得」なわけで。今回の選挙の先に、おぼろげながら、そういう方向性が見えてきたかなぁ……という気がしているんですけどね。

──かつて、自民党内に「派閥」があった時代には、自民党内部に「自民党A」と「自民党B」「自民党C」のような多様性が内包されていて、その外部から「社会党」という「政権は取れない批評家」が刺激するかたちで、自民党内の様々な異論が競い合いながら、
日本の政治が動いている時代がありましたが、それと少し似た構造ですね。

橋本:そう、その意味では、以前の自民党って決して「大きなかたまり」ではなかったんだよね。誰かの一強ではない。しっかりした柱があるわけじゃなくて、ホントはもっと雑多なものが集まった「蚊柱(かばしら)」みたいなものだったのかもしれないという気がしてきますね。

 それに、みんな「55年体制」の前がどうだったかなんて、すっかり忘れていると思うんですけど、1955年に吉田茂の「自由党」と鳩山一郎の「日本民主党」が一緒になって「自由民主党」が誕生し、それとほぼ時を同じくして、分裂してた「社会党右派」と「社会党左派」が合流して「日本社会党」ができて、そこからいわゆる「55年体制」が始まったでしょう。でも「その前の10年」つまり、1945年の敗戦から1955年までは、いろんな政党が乱立しながら、くっついたり離れたりを繰り返していた混乱の時代だったんです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい