【ドラフト2017】巨人 屈辱のBクラスから出直し…履正社・安田は補強ポイントにぴったりだ! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト2017】巨人 屈辱のBクラスから出直し…履正社・安田は補強ポイントにぴったりだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
氏原英明dot.
巨人はスター候補の安田尚憲(履正社)を獲りに行くのか?(c)朝日新聞社

巨人はスター候補の安田尚憲(履正社)を獲りに行くのか?(c)朝日新聞社

 今月26日にいよいよプロ野球新人選択会議(ドラフト)が開催される。今年は早稲田実業の清宮幸太郎や広陵の中村奨成をはじめ、高校生の逸材が光る。各球団はどのような思惑でドラフト会議に臨むのか、探ってみよう。今回は今季惜しくも2ゲーム差でCS進出を逃した、セ・リーグ4位の読売ジャイアンツだ。

*  *  *

 今年のドラフトの注目の一つが巨人の戦略だ。

 シーズン中に異例のGMを交代。現場を知る鹿取義隆GM、岡崎郁スカウト部長体制が確立した。この新体制のもと、どのようなドラフト戦略を敷いてくるかは興味深い。巨人が変革を見せることができるとしたら、今年のドラフトからだ。本当の手腕というものがうかがい知れるだろう。

 そんな中で巨人の現有戦力をみていくと、クリーンアップを打てる一、三塁手は補強ポイントになってくるはずだ。村田修一を放出し、若手の岡本和真や和田恋に期待しているが、まだ心もとない。清宮争奪戦への参加をにおわせているが、GMやスカウト部長はどう決断するか。

 まず、第一候補に挙げるべきは安田尚憲(履正社)だ。

 松井秀喜と同じ右投げ左打ちの強打者として安田は巨人にぴったりのスター候補生だ。2年夏と3年の春の甲子園に出場。U18高校日本代表としてもW杯に出場した。ホームランを量産できる中軸を打てるバッターとして打線に厚みを加えてくるはずだ。2~3年はかかるとはいえ、岡本・和田らにもいい刺激になるし、彼らは右バッターだからバランス的にも問題はない。

 安田は小学生の頃はタイガースジュニア、中学時代は元阪神の赤星憲広が代表を務めるレッドスターベースボールクラブに所属した。これほどの逸材を阪神が指名しないなら、巨人が彼をスターに育てるというのも、因縁めいて面白い。

 外れ1位や2位指名もクリーンアップを打てる打者を狙った方がいい。いや、言い換えると、1,2番を打つような俊足好打者タイプは上位で指名する必要はない。

 なぜなら、巨人にはその人材が溢れている。松本哲也と藤村大介が引退したのはその影響だ。立岡宗一郎、重信慎之介ら右投げ左打ちの好打者タイプはたくさんいる。高校生での指名はあってもいいが、優先的に指名すべきではない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい