高齢者ホームで訃報はどう伝える? 館内放送におびえる入居者たち (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高齢者ホームで訃報はどう伝える? 館内放送におびえる入居者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
(イラスト/松元まり子)

(イラスト/松元まり子)

 もう一つは、いっそ「伝えない」パターン。放送もなければ、回覧板もない。聞かれれば答えるが、「あえては知らせない」という施設も、実は多い。

 ほかの入居者は、もう何日も食事に来ていないあの人の部屋に、業者や家族が入っていったのを目撃するなどして、亡くなったことを悟るという。

「入居者の方々には穏やかな日常を送ってほしいという思いから、訃報のアナウンスはしません。今まで入居者から、苦情がきたこともないですね」(「伝えない」パターンを実行する施設職員)

(文/福光恵)

※週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018 プロに教わるやすらぎの選びかた」から


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい