梨花、紗栄子…増える女性タレント「海外子育て」のなぜ (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梨花、紗栄子…増える女性タレント「海外子育て」のなぜ

このエントリーをはてなブックマークに追加
天野まひるdot.
梨花 (c)朝日新聞社

梨花 (c)朝日新聞社

「F1ドライバーのジャン・アレジとの結婚後、南フランスで生活していましたが、子供たちをインターナショナル・スクールに通わせるために、わざわざジュネーブに豪邸を建てたほど。自著で後藤は『やっぱり日本とフランスのハーフの子たちだし、他の子とくらべて自分の容姿が違うということで悪い意味でのコンプレックスを持ってほしくないじゃない?』と語っています。教育やしつけについて後藤は“スパルタ”を自認していますが、その甲斐あってか、エレナは6カ国語を話せるようになった」(同)

 芸能人の子どもという“色眼鏡”で見られることを避けるために海外に行くのか、はたまた、グローバルな人材として育てるためなのか、思いはそれぞれだろう。一般庶民から見れば、恵まれた環境にいることだけは確かだ。(ライター・天野まひる)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい