イチロー、新庄、アレックス、飯田、誠也…蜂の一刺し!“史上最強”の強肩外野手は…

2017/07/16 16:00

 マーリンズのイチローが、6月29日にブレーブスを戦力外となったバートロ・コローンに代わり、この時点でMLBの現役最年長プレーヤーになった。昨年はアジア人で初めてMLB通算3000本安打を記録するなど、希代のヒットメーカーとして名高いイチローだが、もうひとつの代名詞とも言えるのが、外野手としての送球、いわゆる「レーザービーム」と呼ばれる強肩だ。オリックス時代には、田口壮や本西厚博、谷佳知らと堅守、強肩の面々が揃った「最強外野陣」を形成した。矢のような送球で、クロスプレーを演出する強肩の外野手は野球の醍醐味のひとつだ。今回は、歴代の強肩外野手を紐解いてみる。

あわせて読みたい

  • 「イチローvs新庄剛志、外野守備はどっちが上?」 2人とプレーした名手に聞いた!

    「イチローvs新庄剛志、外野守備はどっちが上?」 2人とプレーした名手に聞いた!

    dot.

    7/8

    常勝チームには欠かせない… 鉄壁守備の「最強外野手トリオ」は?

    常勝チームには欠かせない… 鉄壁守備の「最強外野手トリオ」は?

    dot.

    4/1

  • イチロー、新庄クラスになれる…名手が認める「現役で最も上手い外野手」は?

    イチロー、新庄クラスになれる…名手が認める「現役で最も上手い外野手」は?

    dot.

    11/6

    巨人のパーラも典型的な例? 助っ人獲得で見えた“新たなトレンド”

    巨人のパーラも典型的な例? 助っ人獲得で見えた“新たなトレンド”

    dot.

    1/11

  • プロ野球で新ルール導入 東尾修「1点の判断が重要に」
    筆者の顔写真

    東尾修

    プロ野球で新ルール導入 東尾修「1点の判断が重要に」

    週刊朝日

    3/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す