パッキャオ、“世界的無名”ホーンとの一戦にキャリアをかける理由

2017/06/30 16:00

 6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の復帰戦が日本時間7月2日に迫っている。現在はWBO世界ウェルター級王座を保持するパッキャオ。昨年11月以来のリング登場となる今戦では、オーストラリアのブリスベンで現地のトッププロスペクト、ジェフ・ホーンの挑戦を受けることになった。

あわせて読みたい

  • “世紀の一戦”メイウェザー対マクレガーが「世紀の凡戦」になる可能性

    “世紀の一戦”メイウェザー対マクレガーが「世紀の凡戦」になる可能性

    dot.

    8/26

    37歳で王座返り咲き…パッキャオが愛され続ける理由

    37歳で王座返り咲き…パッキャオが愛され続ける理由

    dot.

    11/8

  • パッキャオと再戦も? メイウェザーの巧みな“引退ビジネス”

    パッキャオと再戦も? メイウェザーの巧みな“引退ビジネス”

    dot.

    4/5

    中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

    中国、韓国に“遅れ”を取った日本のMMA界… 世界で躍進するアジアの総合格闘家

    dot.

    7/9

  • 井上尚弥 “アンチ”少ない珍しい格闘家 語らず拳だけで魅せる「本物の強さ」

    井上尚弥 “アンチ”少ない珍しい格闘家 語らず拳だけで魅せる「本物の強さ」

    dot.

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す