松本人志 狩野英孝の“淫行疑惑”に「釣りが下手なんやから釣り堀に行っておきなさい」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本人志 狩野英孝の“淫行疑惑”に「釣りが下手なんやから釣り堀に行っておきなさい」

dot.
松本人志(c)朝日新聞社

松本人志(c)朝日新聞社

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が1月22日、自身がコメンテーターを務めるバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、17歳の少女との淫行疑惑が報じられていたお笑い芸人・狩野英孝(34)についてコメントした。

 狩野は20日発売の写真週刊誌「フライデー」で未成年との淫行疑惑が報じられ、翌21日に自ら会見を開いた。会見で狩野は、少女は22歳だと聞いて知り合っており、後になって少女から10代であることを打ち明けられて驚いたこと、それを受けて友人関係に戻ることにしたことなどを明かしていた。また、これまで「6股」報道がされるなど、女性との交際を巡ってさまざまな騒動を起こしていた狩野は「今回の件も含め、今までの件を含め、私は謹慎いたします」と無期限で謹慎することも発表した。

 この件に関し、この日ワイドナショーにゲストとして登場したHKT48の指原莉乃(24)は「これまではご本人が独身っていうのもありましたし、全体的に登場人物も面白かったじゃないですか。特に加藤沙里さんとか。芸人さんもみんなで面白くしていましたし、笑える状況だと思っていたんです。だけど、今回は笑えないというか、これをこれからテレビに戻ってきたときにほかの芸人さんが面白く話したとしても、テレビを見た人は笑えないというか」と自身の意見を明かした。

 一方で松本は、女性との関係を「釣り」に例えてこんな持論を展開した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい