歯周病セルフチェック! 簡単にわかる5つのポイント (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

歯周病セルフチェック! 簡単にわかる5つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯周病進行度チェック:当てはまるものにチェックしてみましょう(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

歯周病進行度チェック:当てはまるものにチェックしてみましょう(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

判定:星が付いている項目すべてが該当しているひとは、重症の歯周病である可能性が非常に高いです!(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

判定:星が付いている項目すべてが該当しているひとは、重症の歯周病である可能性が非常に高いです!(『日本人はこうして歯を失っていく』より)

■簡単にわかる症状のポイント

【ポイント1 歯肉の色】
 鏡を見ながら、そっと下唇をめくり返してみましょう。このとき無理に唇をひっぱらないようにしてください。唇の裏側の淡いピンク色と、歯肉の色を比べてみて、歯肉の色が唇の裏側よりも一段薄ければ合格。唇の裏側と同じくらいだったり、やや濃い、濃淡があるという場合は要注意です。
 同じように上側の歯肉も、上唇の裏側と比較してみましょう。

【ポイント2 歯肉の腫れ】
 「歯の間の歯肉が目立って赤い」「歯を取り巻く歯肉に1ミリほどの幅の赤い縁どりがある」場合は、初期の歯肉炎の疑いがあります。
 進行すると「赤い色が濃くなる」「厚ぼったくなる」「ぷくっとした丸みが出る」「歯肉が柔らかくたるむ」といった症状が現れます。

【ポイント3 出血】
 ブラッシングのとき、歯と歯肉の境い目から血がにじんだり、歯ブラシが赤く染まるのは、歯周病の兆候です。りんごをかじると血が出る場合は、進行している可能性があります。

【ポイント4 口臭】
 歯周病が進行すると、歯肉から排出される膿のために、独特のイヤなにおいが発生します。かなりのにおいですが、自分では慣れてしまってなかなかわかりません。また周囲の人が口臭に気づいたとしてもなかなか本人には言いづらいものです。家族などごく親しい人に「私の口、におわない?」と聞いてみましょう。
 パートナーやお子さん、お孫さんに口臭を指摘されて歯科医院を受診したことが、歯周病発見のきっかけになるケースは少なくありません。口臭外来のあるクリニックから歯周病専門医に紹介されてくるケースもあります。

【ポイント5 歯並び】
 歯周病がかなり進行すると、歯槽骨が吸収され、歯がグラつくようになります。このような不安定な状態で噛み続けていると、歯が動き、歯並びが悪くなっていきます。きちんと噛めなくなりますし、容貌まで変わってしまうこともあるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい