半数以上がデートOK! でもやってはいけない回転寿司NG行動7つ (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

半数以上がデートOK! でもやってはいけない回転寿司NG行動7つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#食
最近の回転寿司は、安いだけでなくネタも新鮮でおいしいお店が増えている(※イメージ写真)

最近の回転寿司は、安いだけでなくネタも新鮮でおいしいお店が増えている(※イメージ写真)

回転寿司の使い方として「アリ」か「ナシ」か(マルハニチロ株式会社調べ)

回転寿司の使い方として「アリ」か「ナシ」か(マルハニチロ株式会社調べ)

回転寿司デートの際に“パートナーにこれだけはやって欲しくない”と思うもの(マルハニチロ株式会社調べ)

回転寿司デートの際に“パートナーにこれだけはやって欲しくない”と思うもの(マルハニチロ株式会社調べ)

 逆に、「初デートで回転寿司に行く」(51.5%)、「特別な記念日のデートで回転寿司に行く」(50.4%)、「夫婦デートで回転寿司に行く」(90.0%)と、気軽なおひとりさまの食事だけでなく、特別な日に“ちょっと贅沢な食事”として回転寿司を利用することが多いことも明らかとなった。

 しかし、どんなにデートで回転寿司OKといっても、やってはいけないこともある。回転寿司でのパートナーのNG行動について聞いたところ、下記のような結果となった。

1位「香の強い香水をつけて入店する」(58.6%)
2位「他の席の人が注文したお皿を取る」(57.5%)
3位「注文しておきながら、流れてきてもスルーする(やっぱりいらない)」(56.9%)
4位「レーンをまたいで反対側のレーンのお皿を取る」(56.5%)
5位「入店前の待ち時間に機嫌が悪くなる」(55.2%)
6位「間違えて取ってしまったお皿を戻す」(54.6%)
7位「ネタだけ食べてご飯(シャリ)を残す」(53.2%)

 いずれも半数以上の人がNGと回答しているだけに、デートでなくても気をつけたいところだ。

 最近ではおしゃれなカフェ風回転寿司から、高速レーンでお寿司を運んでくれる、回転しない回転寿司というのもある。さらに今後、消費が10%に増税したとしても、軽減税率が導入された場合にはテイクアウトは8%の軽減税率が適用となることから、回転寿司のテイクアウト利用にも注目が集まりそうだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい